FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害における動物愛護

このたびの東北関東大震災におかれまして被災されました皆様に
心からお見舞いを申し上げます。また、命を落とされた皆様の
ご冥福を心からお祈り申し上げます。

私が所属する2団体でも今回の震災において、自分たちが何をするか?
ナニができるか?が議論されています。個人的に問い合わせもあります。
動物愛護ボランティアとしてどう動くか?・・・と。

応えはシンプルです。

まずは、行政からの協力要請や一般ボランティア受け入れの
公式発表が出るまでは、その時に備えた準備をする。

要請があったときに即、時動ける状態にだけしておく。それだけです

ちなみに以下をご参照下さい。

緊急災害時動物救援本部に関する問い合せ先
「緊急災害時動物救援本部」事務局
(財)日本動物愛護協会
電話:03-3409-1822
http:// www.jsp ca.or.j p/hp/sa igai.ht m

構成団体
(財)日本動物愛護協会
(社)日本動物福祉協会
(社)日本愛玩動物協会
(社)日本動物保護管理協会
(社)日本獣医師会

活動内容
被災動物の救護等のための人材派遣・物資提供・資金供与
救護活動を円滑に実施するため、政府・都道府県等の関係行政機関との連携
緊急災害発生時の効率的な救護活動のための予防措置

動物愛護に関しては上記からの発信が最も信用性が高いと思われます。
また、動物愛護行政から要請を受けた場合、行政の許可を受けて
各警察署が通行許可証を発行するようです。

そして私達が信頼を寄せる団体が動き始めました。
一般社団法人 UKC JAPAN
【東北大震災ドッグレスキュー 一般社団法人UKC JAPAN】というタスキをかけた車
(行政の指示)を見かけたら応援よろしくお願いいたします!

上記団体は愛護団体ではありません。それだけをメインに活動していません。
皆様の善意を悪用流用することなど、ありません。

どうぞ、皆様の善意は確実に信用できるところへお届け下さい

また、現地の被災状況を考えると個人レベルで現地に入ることは
二次災害を引き起こしたり場合によっては新たな混乱を招きかねないことも
あります。今、心に抱えているその善意は必ず、必要とされるはずです。

お声がかかるまで、その時まで対応できる準備をして待ちましょう!!
遠くても動け無くても出来ることは必ずあります
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

bora太郎

Author:bora太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
お悩み相談はこちらへどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
ご訪問に感謝!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
14302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

7161位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。