FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリマ太夫③(傷病老犬)

第三者譲渡前提の引き出しを諦め自分の犬として迎え
厳しい今年の夏も我慢はさせたけれど、無事に超す事が出来た。

11月7日プリマ太夫の誕生日が待ち遠しかった。

それだけ彼女の生命力は強い・・・そう信じていたし彼女も応えた。
「引き出し出来るか出来ないか?」それを決めるのは貴方です。

譲渡するまでにどれだけの時間と労力を要するか?

傷病犬であれば、どの程度の医療費を要するか?

吠えや噛みの問題を抱える犬ならば、それは矯正可能かどうか?

また、矯正が叶ったとしても譲渡先が限定されはしないか?

自分のお金と自分の労力、責任の範囲で扱えない・・・無理だ・・・

そう思った時は諦める事も肝心です。


預かりボラや保護ボラがレスキューされる側に回ってはNGです。
可哀そうだけでは続かない。

愛護ボラとして厳しい選択を迫られる事もあるでしょう。

悩み見捨てる事もできず、しかし、言葉は悪いけれど先が

見えたからこそ、私は自分の犬にすることを選びました。

2010_1001_125829-CIMG5744.jpg

この笑顔がプリマ太夫のドッグランでの最期の笑顔になるなんて
想いもしなかった。10月11日容態が急変し獣医へ・・・

全身に癌が周りあとは、時間の問題だと。

10月13日私は最初の彼女との約束通りプリマ太夫を看取った。
看取るつもりで覚悟はしていたけれど、10年以上繁殖場で

生きて来たプリマ太夫。この悪い足にも関わらず繁殖の痕もあった。

もっと長生きして欲しかった。私の家族としてもっと長く・・・

プリマ太夫に出会えてよかった。短い時間ですが大事な家族でした。

プリマ太夫にも多くの知恵と経験を分けてもらいました。ありがとう。

レスキュー前提ではあったけど素敵な家族に会えました1ぽちPlease
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

bora太郎

Author:bora太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
お悩み相談はこちらへどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
ご訪問に感謝!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
14302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

7161位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。