スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護犬の社会化学習そのタイミング

犬の社会化がスムーズに行われその吸収力が高い時期は
それぞれ生後6週までが親犬、兄弟姉妹犬との社会化期、
生後8週から12週が家人、それ以降が他人、他犬、自然現象の音など
様々な刺激への社会化期。おおむね生後20週までが最適とされています。
私たち保護ボラの手元に来る犬の多くが、とっくにこの時期を過ぎています。

大人の犬が殆どです。だからと言って社会化学習のキッカケつくりを

焦るのは禁物です焦る必要はアリマセン。学びの速度は仔犬期よりも遅くとも

確実に学べます犬は生涯学び続ける生き物です

混合ワクチンの接種が終わったとしても接種後おおむね15日経たないと

抗体は上がってきません。ドッグラン、オフ会、譲渡会などは
健康上に配慮して時期を見計らって連れ出してください。

上記のような場所に連れ出す前に最低以下の事を貴方は熟知していて欲しい。

・保護犬が苦手な風貌、年齢、性別の人は、あるかどうか?あればどのような人か?

・保護犬が強い権勢を示したがる犬種、性別、固体の特徴etc

・刺激(人間の動作、自然界の音)により保護犬の様子が変わるかどうか?


万が一、噛みの問題が潜んでいる保護犬かもしれない・・・

 もしかしたら家人には問題がなくても他人、他犬にはキツイ犬かもしれない・・・

そうは、考えられないでしょうか?現時点でとても穏やかな保護犬だとしても、

沢山の人、犬と接する外部刺激あふれる場所に伴った時、保護ボラとして

一緒に暮らす貴方が見たことも無い反応を示すのじゃないか?

その時に、貴方がそれを知らない・・・知らなかった・・・では

済まされないこともあります。

人を見ながら学び変化を見せる保護犬です。まずは、十分に貴方がその犬を

知ってから・・信頼関係を作ってからにして下さい。

社会化学習はそれからでも十分間に合います。なにせ、私たちが大好きな犬は

生涯学び続ける生き物だからです

保護犬の矯正は焦らないでも大丈夫に1ぽちPlease



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

bora太郎

Author:bora太郎
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
お悩み相談はこちらへどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
ご訪問に感謝!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
11063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

5630位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。